前へ
次へ

不動産の登記は必ず行わないといけないか

住宅に住むとき、賃貸であれば所有者から代金を支払って借ります。
その時の土地や建物は借り物なので登記の必要がないのはわかるでしょう。
では不動産の所有者になったらどんな手続きが必要かです。
一般的にはきるだけ早く登記をした方がいいと言われています。
でも忘れている人などもいるはずです。
まず法律上の話をすると、不動産を購入したり引き継いだりしたときには登記の義務はありません。
前の所有者のままでも特に問題はありません。
相続などで引き継いだ時、親の名義のままでも特に問題はありません。
できれば相続の手続きを行って登記を変更した方がいいのでしょうが、登記者が亡くなっていれば相続人以外は勝手に登記の変更はできないでしょう。
他人から購入した時も登記は不要です。
しかし登記の変更をしていないと不動産登記法上は登記者に所有権があるとされます。
登記者が別の人に販売をしてその人が先に登記をすると、その人に所有権が移ります。
義務ではないものの、所有権を主張するためにもした方がいいと言えます。

Page Top